新着情報

【閲覧注意】ダンゴムシとは似て非なるもの【虫注意】

2016/8/27(土)

【閲覧注意】ダンゴムシとは似て非なるもの【虫注意】

丸まった生き物がいます。
この形と言えばダンゴムシですよね!

でも、これはタマヤスデという生き物です。

ダンゴムシは実はエビに近い種類です。
タマヤスデはムカデやヤスデの仲間です。

この体を丸めて、防御するスタイルはアルマジロなど他の分類グループにも見られます。
種を越えたある意味完成された生物のデザインの1つなのかも知れません。

このように全く異なるグループにもかかわらず同じような姿に進化することを収斂進化(しゅうれんしんか)と言います。

東南アジアには丸まるとゴルフボールほどになるタマヤスデの種類もいます。
※3...

詳細を読む≫

カテゴリー:スタッフブログ

第3回 屋久島研究講座「屋久島のコケの魅力とその展開」のお知らせです。

2016/8/26(金)

第3回 屋久島研究講座「屋久島のコケの魅力とその展開」のお知らせです。

日時 平成28年8月29日(月) 19:00〜20:30
18:30受け付け開始
場所 屋久島町安房総合センター

※一般の方の予約は必要ありません。
ガイドの方で受講証明書の必要な方は、必ず前日までに予約をしてください。

日本蘚苔類学会第45回屋久島大会の記念鼎談と共同主催となります。

お問い合わせ
(公財)屋久島環境文化財団 TEL:0997−42−2911

詳細を読む≫

カテゴリー:村センター

【閲覧注意】屋久島の虫たち【昆虫注意】

2016/8/2(火)

【閲覧注意】屋久島の虫たち【昆虫注意】

○1枚目の写真
ヤクシマトゲオトンボ。
オスは尾の先端から上向きに鋭く小さなトゲがあるので、この名前がついた。
この写真はメスでトゲは無い。
かつては屋久島の固有亜種とされたが研究の結果、九州のトゲオトンボと同種とされる。
学名は「Rhipidolestes yakusimensis」でありヤクシマの名が残っている。

○2枚目の写真
クマゲヨツスジハナカミキリ。
屋久島、種子島固有亜種。特徴は触覚の先端が黄色いところ。

○3枚目の写真
ウンカの仲間の幼虫。
幼虫も成虫も植物の汁を吸います。

○4枚目の写真
天敵が少な...

詳細を読む≫

カテゴリー:スタッフブログ


ページトップ